婚活の失敗談についてご紹介

婚活失敗談

現在、婚活を行っている方はその失敗談が気になりませんか?

 

婚活をしたくても失敗するのが怖くてなかなか前に進めない

 

そんな方も少なくありません。

 

 

今回は、そんな婚活における失敗談を説明します。
皆さんの婚活で同じ失敗をしないように気を付けて頂けたらと思います。

 

 

 

失敗談その1:婚活で会った方の名前を呼び間違えた

間違えた

こちらのパターンは、どうして失敗に繋がるかが分かりやすいと思います。
結婚を考えて交際している異性或いは交際しようか考えている異性等に、
名前を呼び間違えられて不快にならない人は多くないでしょう。

 

 

ただ、婚活を行っていると知り合いになる異性の人数は増えるでしょう。
特に付き合いが浅い関係が複数人いると、名前を呼び間違えてしまう可能性もあると思います。

 

 

よって、婚活を行っている方はその相手の名前を正しく呼べるように工夫する事をおすすめします。
人の名前を呼び間違える訳がないと思っていても、うっかりしてしまう事も考えられるのです。

 

 

 

失敗談その2:婚活で出会った人に積極的にアクションし過ぎた

積極的にアクション

早く結婚したい等と思って積極的にアクションし過ぎて引かれてしまうパターンもあります。
具体的には電話・メール・LINE等を送り過ぎる場合や、
女性が出会って間もない男性に結婚を急かす発言をした場合等があります。
婚活で必死になっていると相手に対する思いやりや気遣いが置いてきぼりになる事もあるようです。

 

 

結婚した後にはその人と生活する事になりますよね?
それなのに気遣いや思い遣りを感じない相手を選びたいと思うか冷静に考える事も必要だと思います。
婚活で積極的になる事は男女共に良い事だとは思いますが、
それによって相手を不快にさせない様な気配りも大事かも知れません。

 

 

 

失敗談その3:お酒関係の失敗

お酒関係

婚活でのお酒関係の失敗は男性女性問わずあります。
婚活で会った人と一緒にいる時にお酒を飲んでしまって、
その相手に性的な発言・侮辱するような様な発言・吐く・眠る等をしてしまうパターンです。

 

 

このような行動を取って、相手に嫌な思いをさせてしまい振られてしまう事もあるのです。
婚活で会った人に全く醜態を晒さない自信があるなら、お酒を飲んでも良いかも知れません。
しかし、そうでない方はお酒を飲む事は遠慮するか、酔わない範囲内にした方が良いでしょう。

 

 

 

失敗談その4:婚活で出会った人と約束していた時間に遅れてしまう

時間に遅れてしまう

婚活で出会った人との約束に遅れてしまう事で失敗に繋がる場合もあります。
婚活で時間を守る事が必要な機会は色々とあると思います。
そのような時には、当たり前ですが約束を守るように努力する事が大事です。
勿論、どうしようもない理由で遅刻してしまう場合もあるかも知れません。

 

 

しかし、そうではない理由で約束の時間に遅刻してしまう方もいるのは事実なのです。
例えば、婚活で知り合った方との約束時間をうっかり忘れていた等の事態にならない様に気を付けましょう。

 

 

 

私が実際に体験した失敗談

婚活失敗談

私が以前に婚活パーティーに行って婚活を行っていた時の話です。
友人の紹介で婚活パーティーに参加し、初めての婚活でした。
私が行った婚活パーティーの種類はオーソドックスな婚活パーティーで参加人数も20人制でした。

 

基本的には主催者が人数を調整してくれるのですが、20人制のパーティーでも「20対20」にはならず「18対20」となっていました。
今になってわかったことなのですが、20人制のパーティーでも実際にはちょっきりになる事はあまりないみたいですね。

 

パーティー自体の雰囲気は良かったのですが、ある事が微妙でした。
それは、最後に自分が気になる異性の名前を複数人紙に書く事です。
第一希望、第二希望、第三希望くらいならまだしも、私が参加したパーティーは第六希望まで記入する欄があったのです。

 

「そんな気になる人もいないから書けれないし・・・。」

 

そう思い、スタッフさんに相談したところまさかの事態が!

 

「ちょっとでも気になる方でいいのですべて埋めてください」

 

とのことでした。
とりあえず気になる異性もいないので、顔だけで判断しました。

 

すると、結果発表に第一、第二、第三希望の方はスルーして第六希望の顔だけで選んだ方とカップル成立となってしまったのです。
とりあえずカップルになってしまったので連絡先を交換してその場は終わったのですが、気にもならない方とのメール交換はすごい疲れますね・・・。
何か「むりやりカップルにさせられたっ!」って思っちゃいます。

 

 

婚活パーティーではフリータイムやアプローチタイムの後に、自分が気になる方の名前を書いて、その結果でカップルが成立すると言うのが王道です。

 

今回、私が参加したパーティーではほぼ強制的に複数名の異性の名前を書かなければならないため、「むりやりカップルにさせられてしまった・・・。」
そのように思うことがあるのです。

 

 

 

まとめ

まとめ

婚活を行っていると、自分でも思いがけない所で失敗してしまう場合もあるかも知れません。

 

その失敗してしまった事自体に対しては、しっかりと反省する事が必要でしょう。

 

しかし、あまりに失敗を引き摺っていると前に進めなくなってしまうので注意が必要です。

 

同じ失敗をしない様にして、気持ちを切り替える事も婚活では必要となる事が考えられます。

 

 

 

 

当サイト一押しの婚活はコチラ!